太田切川上流、菅の台付近の川岸の紅葉

左岸の下流側から

時刻は11月6日土曜日、13時を少し回ったところ。
雲はまばら、時折日が差し込む。

駒ヶ根ファームスの駐車場は満杯。
二人静の前の橋は工事の為通行止め。
対岸の宮田村には一度里に下る必要がある。

遊歩道のわきのもみじが紅葉し、見頃を迎えている。

緑から黄色、黄色からオレンジ、オレンジから赤、赤から紫。
一つの木にいくつもの色が混じっている。
このグラデーションがとても美しく、見事だ。

太陽が顔を見せると、より一層鮮やかにきらめき、あたりは華やぐ。

僕らは木々の枝葉を天井にして、ピクニックをした。
パンとチーズとハムとリンゴ。
そして温かいオニオンスープ。

ほっとするひととき。
季節の移ろいがある。
始まりゆらぎ流れゆく生命と、過ぎ行く時間を感じる。

季節は春夏秋冬、一年は365日。

あと何日かすれば落ち葉になるだろう。
ひと月もたてば里にも雪が舞うかもしれない。

そんなことを想いながら今このひとときを味わう。

そして、
誰かや何かと過ごした記憶が、
今日も意識と無意識の海原に降り積もった。

今朝の散歩。仙涯嶺を望む
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

Hikers Guild の代表です。
自然の中を歩くことを何よりも愛しています。
歩くことの可能性をすこしでもお伝えできたらと、
そう思いこのサイトを運営しています。

目次
閉じる