1時間以内の移動で山にアクセスできる生活

池山林道終点登山口駐車場からの展望

家から出る時は常に山のある方向へ目をやる。
そんな話を以前しました。

実際に山に登りたいとなったら、
しかも半日で帰って来たいとなったら、
候補は二つあります。

一つは、池山。
池山は中央アルプス百名山の一つである空木岳に登る途中にある、
1776mの手軽な山です。

地元の中学校の伝統行事、木曽駒ヶ岳登山の予行演習として登られています。
それくらい登りやすく、なだらかで、なおかつ見晴らしも期待できる山です。

特に秋、カラマツの黄葉がとても美しい。
しかも山頂近くに避難小屋があったり、水場があったりするので、
お茶やランチをするのにちょうど良い場所でもあります。

今は崩落の影響で、登山口駐車場までは行けず、
林道はあかつきの塔手前でバリケードで封鎖されています。

そこで、あかつきの塔付近から池山山頂を目指すとなると、
ゆっくり歩いて往復4時間くらいかかります。
半日でサクッといけますね。

もう一つは、高烏谷山。
高烏谷山神社駐車場から行き1時間帰り40分です。
この前出会ったトレラン少年は行き30 分帰り10分って言ってました。
カモシカのようですね。

こちらの山はシングルトラックで行きはずっと登り、帰りはずっと下りという、シンプルな登山が楽しめます。
基本頂上まで展望がないので、頂上までノンストップで歩き切ることが多いです。

短時間で汗もしっかりかけて、足にもいい感じに疲労が溜まって、頂上からの展望も素晴らしいので、池山よりお手軽です。

山にお手軽さを求める必要はないのですが、時間がない時、
それでも山に登ってスッキリしたいという時は、
池山か高烏谷山がおすすめです。

どちらも、登山口まで駒ヶ根市内から1時間もかかりません。

晴れた日の午前にでもおにぎりやお菓子、本などを持って行かれてみてはいかが。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

Hikers Guild の代表です。
自然の中を歩くことを何よりも愛しています。
歩くことの可能性をすこしでもお伝えできたらと、
そう思いこのサイトを運営しています。

目次
閉じる