【今日のコーヒー】2/23(火)キリマンジャロ by 砂時計

2月23日金曜日、今日も一杯のコーヒーを淹れました。

最近、コーヒーを淹れて飲むことが、楽しみの一つになっています。

豆を買い、ミルで挽き、抽出する。

どの豆を買って、どのくらいの粒度で挽いて、どれくらいの蒸し時間で、どのように抽出するか。どんな香りで、どんな味がするのか。そんなことを考えながら、一杯のコーヒーを淹れるのが楽しい。

今日のお豆は、先日、ある方に頂いたキリマンジャロ。伊那市の砂時計というお店のものです。
キリマンジャロと聞いてイメージするのは、キレのある酸味。

苦味と酸味のどちらが好みなのかを考えてみると、苦味:酸味=3:7くらい。
その日の天気や温度、自分のコンディションによりますが、どちらかといったら酸味がある方が好きかも。
今まで飲んできて美味しいと感じたコーヒーは、爽やかな酸味があったなあ。
酸味と苦味がほどよいバランスだったなあ、とおもいます。

どんな状況でも、最高の一杯を淹れれるようになりたいですね。

さて、今回は2mmほどの細かさで挽いてみます。

僕が使うのはHARIOのハンドミル。

最近は椅子から立って、あたりを歩いてぐるぐるしながら手を回すのが流行りです。

その間にお湯をたっぷり沸かしておきます。

そして、コーヒーカップにお湯を入れ温めて、ペーパーフィルターに湯通しします。

そこに挽いた豆の粉を投入し、軽く揺すって表面をならします。

沸かしたポットで直接入れると、入れ方を制御できないので、コーヒーサーバーに一度お湯を移し、そこからドリッパーへとお湯を注いでいきます。

蒸らし時間は体感30~40秒程度でざっくり。円を描くように注いだらしばし待ちます。

良い感じに時間が立ったら、抽出開始。蒸らしにつかったお湯が抜けきる前に、お湯を注ぎます。

ドリッパーの上ギリギリまでお湯を淹れること2,3回。

一杯のコーヒーの出来上がり。

美味しくてだいぶ飲んでから、写真を撮ろうと思い立つ

今回のお豆は焙煎したてのようで、よく膨らみます。

蒸らしの時は、パンケーキのように膨らんで、抽出する時は、カプチーノより少し大きめの気泡が湧き立って、見てるだけでも楽しくてワクワクします。

酸味と苦味がバランス良く、どこかカカオの比率が高いブラックチョコレートのようなコクがあります。そしてほのかな甘味も感じます。

う~ん、美味しい。

幸福です。

感謝。

記事を書いている間にコーヒーは冷めてしまいました。

冷めると苦味がましたように感じます。

冷めても美味しいコーヒーを淹れられるようになりたいです。

喧騒の中での静かで、癒やしの時間。

あなたにもホッとするひと時が一日の中にありますように。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

Hikers Guild の代表です。
自然の中を歩くことを何よりも愛しています。
歩くことの可能性をすこしでもお伝えできたらと、
そう思いこのサイトを運営しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる