紅葉が池山周辺を黄色に染める時期がやってきました。

塩見岳山頂から甲斐駒ヶ岳に続く稜線を眺める

おはようございます。
昨日は雨ふりでしたが、今朝は朝から太陽光がさんさんと降り注いでいます。
太陽の光は温かく、眠気も、ごしたい気持ちも、全て吹き飛ばしてくれました。
晴れた日の朝は、なんて心地がいいんだろう。
前向きな気分になりますね。

さて、そんなこんなで慌ただしく準備して、出社。
会社の窓から西駒方面を望むと、山頂付近にはまだ分厚い雲が漂っていました。
しかし、そのもっと上の方は、青空が広がっている。
そして、山の麓の方を見やると、黄色や、赤茶色など、紅葉し始めていることに気が付きます。

木曽駒ケ岳から南にほんの少し言ったところにある、百名山空木岳2864m。
その麓近くに、池山1774mがあります。
その池山周辺の紅葉が始まりました。

池山の山頂付近は清々しい落葉松が植えられています。
程よい間隔で、天に向かって真っすぐと伸びていくその姿に、毎回、爽快な気分にさせられます。
その落葉松の葉は、紅葉すると、収穫前の金色の稲穂のように、鮮やかな黄色に染まります。
それは、とても美しい光景です。

池山の紅葉のピークは、10月下旬から11月上旬の間になるでしょうか。
昨年初めて、紅葉の季節に池山に登ったのですが、あまりにも、綺麗で、心地よかったので、今年も行こうと考えています。
来週の日曜日あたりに登ろうかしら。
雨の池山登山も、それはきれいなのですが、紅葉狩りは晴れの日がうってつけ。

そのうち、中川村の銀杏並木の紅葉も始まりますが、まずは池山。
紅茶とお菓子でも持って、彼らの美しい姿を眺めに行こうじゃありませんか。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

Hikers Guild の代表です。
自然の中を歩くことを何よりも愛しています。
歩くことの可能性をすこしでもお伝えできたらと、
そう思いこのサイトを運営しています。

目次
閉じる