【JMT】出発の日

仁川国際空港で乗り継ぎ
目次

旅の始まり

2016年8月29日、日本を立つ日がやってきた。まだ暗い午前4時前。ほとんど寝れないまま起き出して、4:30成田行きの高速バスに飛び乗った。以下、当時の日記を頼りに、時系列で当時を振り返っていこう。

日本時間 8/29(月)

4:30朝市の始発高速バス
8:00新宿バスターミナル着
8:40リムジンバスで成田国際空港へ。4Fで発券。
10:25成田国際空港着。出発まで3時間の余裕を持って空港へ。3万円分両替する。
13:35搭乗手続きを終え、成田国際空港発。サンフランシスコへ。待ちに待った憧れの地へ。初めての海外一人旅。もう後戻りはできない。ソワソワして現実味のない空の旅。これから3週間日本に戻ってくることはない。昼はカレーだった。
16:20仁川国際空港着。乗り換え。
17:30仁川国際空港発。これから10時間のフライト。映画「ジャングル・ブック」、「信長協奏曲」を鑑賞。夕食はパスタ。朝食はオムレツ。文句なしに美味しかった。一眠りする。技術は進歩した。宇宙の果てに人類が到達するまで、人間の好奇心は尽きず、さらなる進歩を続けていくだろう。

航空会社は大韓航空を利用しました。
・往路:成田→仁川→サンフランシスコ
・復路:ロサンゼルス→仁川→成田
・費用:往復、エコノミー、1人で 96,230円

※復路に関しては後日書きますが、ハイキング日数が予定をオーバーしてチケット取り直したため、別途料金が発生しています。ご利用は計画的に。

空港には十分な時間の余裕を持って向かいましょう。何が起こるかわかりません。3時間前に到着できたら十分じゃないでしょうか。バスや電車などの公共交通機関を利用する際も、30分前行動が理想です。急がない、慌てない、ゆったりと優雅に。余裕がなくなるといろんなミスを犯しがちです。特に長旅では小さなミスが致命的に。楽しむ時間のはずだったのに、なんてことになりかねません。時間にルーズな人は特に気をつけたほうが良いでしょう。意識してもなかなか治りませんが…

アメリカ現地時間 8/29(月)

12:00サンフランシスコ国際空港着。荷物も無事たどり着いた。ぱんぱんに膨れ上がった容量70Lのザックと、小ぶりのナプザック、そして21日分の食料がぎっしり入ったナイロンの袋。サンフランシスコ到着。英語が飛び交う異国の地。
BARTという列車で市街地へ。最初の目的地は Powell.St。$8.95。
外国人の笑顔は素敵だ。BARTチケットの購入の仕方が分からなくて困っていると、おばちゃんが親切に教えてくれた。ありがたい。もっと元気よく快活に話そう。
BARTの車窓から外を眺めていると、木々がぽつぽつとしか生えていない乾燥した大地と、隙間なく横に並んだ家が目に入る。圧倒的に緑が少ない。サンフランシスコの第一印象はそんな感じだった。
14:00Adelaide Hostel着。今夜の宿。入り口が閉まっていてどうしたものかと困っていると、近くにいたやんちゃそうな兄ちゃんがロックを解除してくれた。彼も泊まっているらしい。ドミトリ一泊$54.41クレジットで先払い。鍵のデポとして現金$10。
荷物をおいて散策へ。まずは腹ごしらえ。Super Duper Burgers で本場のハンバーガーを初体験。肉は赤ちゃんのようにふっくらしていて、油ギトギト。日本のハンバーガーとは比べ物にならない厚さ。塩っぱかったが美味しかった。$12.75。
その後、明日乗る予定のバスの乗車場を下見。水2L買って帰宅。$3.99。

ところで、当時の筆者の英語力はどんなもんだったのでしょうか。
参考となる情報としては、3年前のセンター試験は筆記 198/200、リスニング 22/50があります。典型的な読めるけど話せないタイプです。日常会話も怪しいレベルで、実際空港の入国審査では、”Hi”、”OK”、”Yes”、”Thank you”しか喋ってません。サンフランシスコに到着してその日に泊まったホステルでの受付でも、全く聞き取れず会話が成り立たず、無理やり笑顔で通しました(笑)。雰囲気とジェスチャーと笑顔で乗り切ろうと、この時覚悟したのを覚えています。旅の恥はかき捨てですね。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

Hikers Guild の代表です。
自然の中を歩くことを何よりも愛しています。
歩くことの可能性をすこしでもお伝えできたらと、
そう思いこのサイトを運営しています。

目次
閉じる